東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科

医局活動Update

11月

11/10 グランドカンファレンスが開催されました。

芝パークホテルにおいて糖尿病・内分泌学リサーチセミナーが開催されました。
今回は東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野教授の佐々木敏先生に糖尿病の栄養疫学データの読み方や使用方法についてご講演いただきました。栄養領域の疫学は現在の糖尿病治療におけるトピックのひとつであり、大変興味深いお話を伺うことができました。

座長
東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科
主任教授 宇都宮 一典 先生

講演
「CGMから見えてきたSGLT2阻害薬の新たな可能性」
東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科
丸田 千尋 先生

特別講演
糖尿病の管理・予防における栄養疫学データの読み方と使い方」
東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野
教授 佐々木 敏 先生

11月の学生・研修医発表は以下の通りです。

須藤 英訓 (レジデント2年) 
「Semaglutide and Cardiovascular Outcomes in Patients with Type 2 Diabetes」
(NEJM 2016; 375: 1834-1844)

湊 聡一郎 (レジデント1年)
「Blood pressure and complications in individuals with type 2 diabetes and no previous cardiovascular disease: national population based cohort study」
(BMJ 2016 Aug 4; 354: i4070)

小黒 亮史 (研修医2年)
「Body-mass index and all-cause mortality: individual-participant-data meta-analysis of 239 prospective studies in four continents」
(Lancet 2016 Aug 20; 388(10046): 776-86)

後藤 圭祐 (研修医1年)
「Risks of Myocardial Infarction, Death, and Diabetes in Identical Twin Pairs With Different Body Mass Indexes」
(JAMA Intern Med. 2016 Oct 1;176(10):1522-1529.)

金子 周平 (5年生)
「自己免疫性肝炎に対しステロイド治療中に血糖コントロールが増悪し膵癌の発見に至った1症例」

大澤 正亨 (5年生)
「乳癌を発症した2型糖尿病患者の1例」

いままでの医局活動updateはこちらから