東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科

主任教授挨拶

主任教授 宇都宮一典

糖尿病・代謝・内分泌内科の診療対象となる疾患は、糖尿病、脂質異常症を中心として、内分泌疾患では甲状腺、下垂体・副腎、性腺疾患などです。糖尿病(2型)は、生活習慣病の代表とされ、生活習慣の欧米化に伴って、我が国のみならずアジア諸国において、著しい増加を示しており、国際的な問題になっています。糖尿病は、膵臓で産生・分泌されるインスリンの働きが不足して血糖値が高くなる病気ですが、高血糖のみでは自覚症状はありません。しかし、高血糖状態が持続すると血管の病気を合併してきます。合併症には、動脈硬化による心臓や脳の血管障害、細い血管の障害によって起きる糖尿病網膜症、腎症、神経障害があり、いずれも患者さんの生活の質を著しく低下させ、最後には生命の危機に至ります。従って、糖尿病治療の目的は、かかって合併症の予防と進展阻止あるのです。一方、糖尿病には1型と呼ばれるタイプがあり、これは生活習慣病ではありません。自分の膵臓に対する自己抗体(自己の臓器を破壊する抗体)ができる自己免疫病に分類されており、インスリン療法をしなければなりません。このタイプも、治療の目的は合併症の予防です。本学附属4病院では、常時1万人を超える糖尿病患者さんの診療を行なっており、豊富な診療経験をもとに、より優れた治療法の開発に邁進してまいりました。また、1型糖尿病を対象にした先進医療機器の応用にも、積極的に取り組んでいます。これを支える研究として、世界レベルの疫学研究においてアジアの情報発信拠点として重要な役割を担うとともに、合併症の成因の解明、膵臓の再生医療などの先端的な研究を進めており、研究成果はどれも国際的な評価をえています。さらに内分泌領域では、多くの診断困難なケースの治療に成功して海外に報告し、研究面では副腎ホルモンの作用に注目して、最近話題のメタボリックシンドロームへの関与を明らかにしています。

最近、我が国における臨床研修制度の整備が進んでいます。当科では、昭和39年の教室創設以来、阿部正和名誉教授が掲げられた「医学はサイエンスとアートからなる」のスローガンのもとに、絶え間なく進歩する生命科学に対する確かな見識を背景に、個々の患者さんが持つ社会的・心理的な問題を把握し、適切な医療を遂行する高い能力と品格を併せ持つ医師の育成を目指してきました。そして、多くの優秀な糖尿病専門医を輩出しています。

これからも、変貌する社会のニードを見据えて、糖尿病・内分泌疾患の診療の向上に全力を尽くすとともに、国際的評価に耐える研究を進めて参ります。