東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科

合併症に関する研究

糖尿病合併症に関する研究

近年、糖尿病患者数の増加を背景に、血管合併症を有する患者数も増加の一途を辿っています。糖尿病血管合併症は患者のQOL低下や生命予後悪化に直結する重要な病態であり、学究的側面のみならず医療経済的側面からも新たな治療戦略の確立が急がれています。私たちは糖尿病血管合併症の病態解明を目指し、主に分子生物学的な手法を用いて研究を進めています。特に細小血管症と大血管症の共通した基盤病態に着目し、新たな治療標的の同定と創薬を視野に入れたプロジェクトに取り組んでいます。

研究課題

1.糖尿病細小血管症とRho/Rho-kinaseシグナル

低分子量G蛋白Rhoの標的分子であるRho-kinaseは糖尿病状態で活性化され、血管合併症の病態形成に深く関与しています。本来Rho/Rho-kinaseシグナルはアクチンストレスファイバーの脱重合やミオシン軽鎖のリン酸化による細胞形態・伸縮性の調節をはじめ、様々な細胞機能を制御しています。しかし、糖尿病状態の網膜においては血管新生因子の発現を誘導し(Jpn J Ophthalmol. 2007)、腎臓では酸化ストレスの亢進(Eur J Pharmacol. 2007)や炎症性サイトカインの発現(Biochem Biophys Res Commun. 2010)、低酸素応答を介した糸球体硬化(Kidney Int. 2013)、尿細管上皮細胞の形質転換(Clin Exp Nephrol. 2014)を制御します。さらに末梢神経におけるRho-kinaseの過剰な活性化は、接着関連分子の局在を介した神経障害の進展に関与することが明らかになっています(Exp Neurol. 2013)。

2. 糖尿病大血管症とRho/Rho-kinaseシグナル

Rho-kinaseは血管内皮での接着分子発現(Biochem Biophys Res Commun. 2013)や炎症性サイトカイン(Biochem Biophys Res Commun. 2011)の発現をも制御しており、大血管症の進展過程においても重要な役割を担うと考えられます。これまでの検討結果から、糖尿病による血管合併症は臓器ごとに進展するものではなく、Rho-kinaseの活性化を主体とした共通の病態があると私たちは考えています。これは同時にRho-kinaseが有効な治療標的となることを強く示唆するものであり、臨床に対する還元を強く意識して研究を進めています。


チーフ

  准教授 横田 太持 平成元年卒
講師 川浪 大治 平成10年卒

学会活動

  • 日本内科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本糖尿病合併症学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本末梢神経学会
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本糖尿病・肥満動物学会
  • 米国糖尿病学会
  • 欧州糖尿病学会

受賞・研究助成

留学先

国外 Harvard Medical School, USA
Case Western Reserve University, USA
University of Toronto, Canada
国内 東京大学大学院医学系研究科循環器内科
東京都医学総合研究所

合併症研究班は細小血管症や大血管症の進展機構解明、さらに血管合併症に苦しむ患者の一刻も早い救済を目指し、日々診療と研究に取り組んでいます。私たちの研究内容にご興味ある方はぜひご連絡ください。